世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ブルゴーニュとシャンパーニュ、2021は歴史的な低収量

ブルゴーニュとシャンパーニュ、2021は歴史的な低収量

  • FREE

 ブルゴーニュでは収穫が終わり、醸造が始まっているが、2021ヴィンテージは高品質が期待できるものの、霜害や病気で歴史的な低量になるという不安が高まっている。


 ブルゴーニュでは、4月5日から8日にかけて、夜間の気温が大幅に下がり、深刻な霜害に見舞われた。6月21日には大きな雹の嵐に見舞われた。夏は雨が多く、ミルデューが広がった。


 地元メディアによると、オスピス・ド・ボーヌの60haの畑を担当する醸造責任者リュディヴィーヌ・グリヴォーは、「いつもは120から150樽を注文するところが、今年は35樽にとどまりました」と語り、白も赤も歴史的な低収量を予想している。コート・ドールのピノ・ノワールの75-80%が失われたという。


 品質については、非常に複雑なアロマの構成、12度から12.5度の自然な糖度があり、期待できるという。


 一方、ドメーヌ・デ・ホスピス・ド・ニュイ・サン・ジョルジュは28日、9月17日から24日まで行われた2021年のブドウ収穫について発表した。収量は区画によって20-35hl/haという。ピノ・ノワールは2000年代の最高のヴィンテージに似たワインで、スパイスや黒系果実が少なく、赤系果実が多く、エレガンスとフレッシュさに満ちた壮大で繊細なヴィンテージという。


 ブルゴーニュワイン委員会(BIVB)のフランソワ・ラベ会長は、「歴史的に収量が低い。全体的には30-50%のロスが見られまる。コート・ド・ボーヌの白ワインでは70-80%、シャブリやマコネではマイナス50%と大きな差がある」と述べた。


 2021年のフランスのワイン生産量は、春の霜や夏のべと病などの被害により24-30%減少する。農務省統計局アグレステ(Agreste)によると、収穫量は過去半世紀で最小の3330万hlになる見込み。


 シャンパーニュは霜害とミルデューで過去40年間で最少の収穫量の見込み。良作年はヘクタールあたり1トンの収量で、悪い年でも8500-9000キロが期待できるが、5000キロを切ったところもあるという。


 ボルドーも2021は2020より減少の見通し。ソーヴィニヨン・ブランが霜のダメージを受けた。


 ルイ・ロデレールのコトー・シャンプノワ「HommageaCamille」のポンプオーバーの動画

サントネイの醸造所でピジャージュ Facebook@Domaine Hubert LAMY
きれいなGevrey Chambertin En Palludのピノ・ノワール Twitter@MarkHaisma

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP