世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ホスピス・ド・ボーヌ2022、3100万ユーロ売り上げて歴史的な大成功

ホスピス・ド・ボーヌ2022、3100万ユーロ売り上げて歴史的な大成功

  • FREE

 ボーヌで20日に開かれた162回目となるホスピス・ド・ボーヌ2022のワインオークションは、昨年の倍以上の約2900万ユーロ(手数料抜き)の売上に達した。手数料を含めた総売上高は3129万ユーロ。歴史的な成功を収めた。


 ラジオ・フランスが運営するFranceinfoによると、オスピス・ド・ボーヌには802樽(ピエス)が出品され、2021年の1260万ユーロの2倍を上回る2897万ユーロ(手数料抜き)の売上高を記録した。1樽の平均価格は3万5974ユーロと前年を8%上回り、過去最高を記録した。

 

 1樽の平均価格から計算すると1本あたり約17万円。これを日本に輸入すると、手数料や関税が加わりかなりの高値となる。オスピスの価格は市場にも影響を与えるため、2021の不作と相まってブルゴーニュ値上がり傾向は続くとみられる。


 9月に亡くなったルイ・ファブリス・ラトゥールへオマージュを捧げたコルトン・ブレンドのチャリティ樽「Piece des Presidents」(大統領の樽)は、81万ユーロの新記録で落札された。


 ブシャール・ペール・エ・フィス社長のジル・ド・ラルズィエール・アンリオが65万ユーロの落札価格をつけて、ネゴシアン組合の「ユニオン・デ・メゾン・ド・ヴァン・ド・グランド・ブルゴーニュ」(Union des Maisons de Vins de Grande Bourgogne)の寄付11万ユーロとドルーアン家の5万ユーロで補完された。


 2021年のコルトン・ルナルドの80万ユーロを1万ユーロ上回った。アルベール・ビショー当主のアルベリック・ビショーとジョゼフ・ドルーアンCEOのフレデリック・ドルーアンはその後、目をうるませながら登壇した。売り上げはがんと闘う子どもたちを支援する2団体に寄付される。

 
 2021年が不作で349ピエスしか出品されなかった反動と、2022ヴィンテージが質も量も恵まれたこともあって、800人の参加者には外国人が目立った。


 2021年からホスピス・ド・ボーヌのオークションを主催するサザビーズ・フランスのディレクターは「ブルゴーニュワインの需要は増え続けている」と述べた。2021年のワイン全体の販売額は1億3200万ドルで、そのほぼ半分がブルゴーニュだという。


偉大な2022ヴィンテージの予感


 ブルゴーニュワイン委員会(CIVB)の収穫レポートによると、2022年の収量は豊かで、在庫を積み上げることができる。芽吹きが遅かったため、4月の霜からブドウ樹が守られた。水不足だったが、「6月の大雨と8月中旬の嵐のような雨に恵まれ、豊かで香り高く、バランスのとれた果汁を得ることができた」という。


 5月後半の開花は順調で、結実不良も少なかった。糖度も高いので、シャプタリゼーションは不要となる見込み。


 一部のクレマンの収穫は8月16日にゆっくりと始まり、コート・ド・ボーヌではスティルワイン用ブドウの摘み取りが8月20日から始まった。9月第3週にはコート・ド・ニュイ、オート・コート、シャブリの地域から最後の房が運び込まれた。「熟度の多様性、好天、予想外の量」により、収穫は数週間にわたって行われた。


 「ほぼすべてのブドウの糖度は終盤まで良好だったため、いつブドウを切るべきかは酸の含有量によって決定された。白も赤も収量は高く、一部の生産者は全房で醸造することになった」とレポートされている。


 CIVBのレポート動画はこちら 字幕設定で日本語、英語も見られる

 

Sotheby's / Micha Patault
(C) CIVB

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP